『タクラマカン』ブルース・スターリング ー 宮廷道化師の衷心


ブルース・スターリングの小説家としての不幸はおおむね、彼がその短篇でも長編でも、”認知されざる世界の浮かれ騒ぐ宮廷道化師” としての物言いスタイル/メソッドを「物語」とごっちゃにして一緒に詰め込んでしまうところから来る。。レギー・スターリッツを主人公とするシリーズが殊に顕著な例だが、スターリングの思うところの「ボクチンが見た知られざる裏世界とその意味」みたいな、実際にはスターリングのヴィジョンというよりは単なる主観、さらには







にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
にほんブログ村

プライバシー・ポリシー



プロフィール

Author:eakum
はてなダイアリーから引っ越してきました

スポンサード・リンク






カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する